218
「DORUMIRU八坂ノ塔」さんはカフェ、というより「工房」といった雰囲気でした。
一階でその魔法の制作所を覗くことができます。
そして2階は鉄筋のグレーが引き立つ、洗練されたイートスペース。

私はカウンターに通されて、
パフェとその向こうに広がる京都の風景に感じ入っていました。
人生の贅沢ってこういうことだな・・・また来れるようにお仕事頑張ろう。
そんなことを思っていました、ごはんの為なら死ねる。

“DORUMIRU Yasaka-no-tou” was like a “studio” rather than a cafe.
On the first floor you can peek into the magic production site.
The second floor is a sophisticated eat space with a gray reinforcing bar.

I was passed through the counter
I was impressed with the parfait and the scenery of Kyoto spreading beyond.
This is the luxury of life ... Let's work hard so that we can come again.
I thought of it, and I would die for rice.

“ DORUMIRU Yasaka-no-tou”就像一个“工作室”,而不是咖啡馆。
在二楼,您可以窥视魔术制作现场。
二楼是带有灰色钢筋的精致用餐空间。

我通过柜台
京都的冻糕和美丽的风景给我留下了深刻的印象。
这是生活的奢侈。让我们努力工作,以便我们再来。
我想到了,我会为饭而死。